子どもの歯列矯正の検討を始める時期について

子どもと2人3脚で最高の歯を手に入れよう

子どもの歯列矯正とは

子どもの歯列矯正は1期治療と2期治療の2種類の時期が存在いたします。 1期治療は骨格治療といい、2期治療では矯正治療ともいいます。1期治療では6歳頃から12歳頃までが対象となり、2期治療では12歳以上の子どもが対象となります。それぞれの治療について詳しくご説明いたします。

子ども歯列矯正の時期は大きく2つ

子どもの歯列矯正はどのタイミングで行えば良いのか分からない。大人の歯列矯正と一緒なのか。などという疑問を抱いていらっしゃる方も少なくないかと思います。
ここでは子どもの歯列矯正を行うにあたってのタイミングや矯正の種類などさまざまな知識についてご説明いたします。まずは保護者の方が子どもの歯列矯正についての理解を深めるようにしましょう。

まず、歯列矯正の内容についてご説明いたします。
歯列矯正とは歯並びが悪いなどといったような悩みを解決するために行う治療になります。
歯並びを改善することが歯列矯正の何よりの目的となります。しかし、これは大人の歯列矯正の目的となり大人の歯列矯正と子どもの歯列矯正の目的は異なります。

子どもの歯列矯正の目的といたしましては大人になるにつれて生える永久歯を整えることが目的となります。治療内容といたしましては正しく顎が成長することをサポートしながら永久歯の位置を調整することになります。また大人の歯列矯正に比べて子どもの歯列矯正は効果が出やすい傾向にあります。子どもの歯列矯正を行うメリットといたしましては痛みが少ないということがまずは挙げられます。子どもの骨は成長段階のため柔らかく、歯が動きやすい状況にあるためです。
次に子どもの頃に歯列矯正を行うことにより見た目を気にしなくて良いというメリットが挙げられます。大人の方が歯列矯正を行われた場合、矯正装置などの見た目を気にしてしまいますが子どもの歯列矯正の場合、それほど見た目を気にすることもありません。
以上のようなメリットが子どもの歯列矯正では挙げられます。

複数の装置が存在する

ここでは1期治療と2期治療で使用いたします矯正装置についてご紹介いたします。 1期治療では取り外しが可能な装置と取り外しが不可能な装置、さらには顎に固定を行う装置に分類することができます。1期治療で使用する矯正装置は複数ありますがどの歯科医院でも全ての装置を取り扱っているとは限りません。

1期治療のメリットと注意点

1期治療は6歳頃から12歳頃の子どもが対象となります。 永久歯が生える前の乳歯の状態、もしくは永久歯と乳歯が混合している状態で果たして歯列矯正を行っても良いのかと感じる保護者の方も多くいらっしゃるかと思います。ここではそんな1期治療のメリット、注意点についてご説明いたします。