子どもの歯列矯正の検討を始める時期について

子どもと2人3脚で最高の歯を手に入れよう

>

子どもの歯列矯正とは

1期治療

子どもの歯列矯正の時期についてここではご説明いたします。子どもの歯列矯正の時期といたしましては6歳頃から12歳頃までの歯列矯正を1期治療、12歳頃より後の歯列矯正を2期治療といいます。
まず1期治療について詳しくご説明いたします。

1期治療は骨格治療ともいいます。
6歳頃から12歳頃までの子どもの上顎と下顎の骨が成長する時期となります。この期間の治療内容といたしましてはこの先、永久歯の歯列が綺麗にならないような場合や永久歯が生えるスペースが足りないような場合を避けるために顎の骨の調整を行います。

正しい場所に永久歯を生やし、綺麗な歯並びにするための準備段階に1期治療は値すると考えて良いでしょう。また1期治療では顎の骨の調整を行う矯正器具を使用いたします。

2期治療

次に2期治療について詳しくご説明いたします。
1期治療では綺麗な歯並びにするための準備段階であるため顎の骨を調整する治療となっておりました。しかし2期治療では実際に歯並びを良くするための治療を行います。

1期治療では乳歯のみもしくは乳歯と永久歯が存在している子どもの治療を行うため顎の骨を調節する治療となっておりましたが、2期治療では子どもの歯のほとんどが永久歯になっているという状況であるため歯並びの治療が行えます。
そうしたことからも1期治療では骨格治療、2期治療では矯正治療と呼ぶこともあります。

1期治療では顎の骨を調節するような器具を使用しておりましたが2期治療では大人の矯正治療で使用するような器具を使い、治療を行っております。


この記事をシェアする