子どもの歯列矯正の検討を始める時期について

子どもと2人3脚で最高の歯を手に入れよう

>

複数の装置が存在する

3種類に分類

ここでは1期治療で使用する矯正装置についてご説明いたします。
1期治療で使用する矯正装置は「取り外し可能な装置」、「取り外し不可能な装置」が存在いたします。

取り外しが可能な装置の種類といたしましては床矯正装置、透明マウスピース装置、ツインブロック装置、バイオネーター装置などがあります。取り外しが不可能な装置といたしましては急速拡大装置、固定式拡大装置、舌側弧線装置などがあります。
またこの他にもヘッドギアやフェイスマスクなどの顎を固定する装置が存在いたします。
さらに1期治療で使用する装置には複数の装置が存在いたします。

歯科医院によって取り扱っている装置はさまざまなです。必ずしも全ての矯正装置を取り扱っているとは限りません。お子さまの状況に従って医師と相談しながら矯正装置を決めていきましょう。

ワイヤー装置、マウスピース

次に2期治療で使用する矯正装置についてご説明いたします。
1期治療では子供むけの装置となっておりましたが2期治療では大人の歯列矯正で使用される装置と同じ装置を使用し歯列矯正を行ってまいります。

主流となっている3種類の矯正装置についてご説明いたします。
まず矯正装置といたしましてマウスピースが挙げられます。マウスピースにて矯正を行う場合にははじめに歯型をとりその歯形をもとにご自身にぴったりのマウスピースを作ります。完成したマウスピースを指定された時間に装着をし矯正を行います。
次にワイヤー装置を使用しての矯正が挙げられます。ワイヤー装置の場合は裏側矯正もしくは表側矯正の2種類の方法があります。ワイヤー装置は金属の装置以外にもセラミックなどといったような目立ちにくい種類のものもあります。


この記事をシェアする