子どもの歯列矯正の検討を始める時期について

子どもと2人3脚で最高の歯を手に入れよう

>

1期治療のメリットと注意点

抜歯治療を避けることができる

ここでは1期治療のメリットや注意点についてご説明いたします。
1期治療は永久歯が生える前の乳歯のみもしくは永久歯と乳歯の混合の状態で歯列矯正を行うことになります。永久歯が生える前に歯列矯正を行っても大丈夫なのかと思われたり不安に感じてしまう保護者の方も多くいらっしゃるかと思います。

まず1期治療のメリットといたしましては虫歯の予防を行えるということが挙げられます。1期治療の間は定期的に治療に通わなければなりません、そのため虫歯などの異常があった場合に早期に発見してもらえるというメリットがあります。次に抜歯を回避できるというメリットが挙げられます。1期治療では綺麗な歯並びを目指して顎の骨の調整を行うことが治療内容となります。そのため抜歯を行い歯列を整えるといったような抜歯治療を行わなくて良くなります。

子どもの理解を

次に1期治療の注意点についてご説明いたします。

注意点といたしましてはまず歯列矯正が子どものストレスとなる場合があることが挙げられます。1期治療の対象となる子どもの多くはどうして歯列矯正が必要なのかと疑問に思ってしまいがちです。慣れない矯正装置を使用することにより子ども自身が違和感を感じストレスとなってしまいます。
子どものストレスを軽減するためにも保護者の方はいきなり歯科医院へ連れて行くのではなく子どもに歯列矯正の重要性や必要性を伝え、できる限りの理解を得るようにしましょう。

次に1期治療、2期治療の両方を行う場合には子どもの精神的なケアも欠かさず行うようにしましょう。場合によっては1期治療のみで歯列矯正を終了することもあれば1期治療と2期治療のどちらも行わなければならない場合もあります。1期治療と2期治療の両方を行う場合には精神的サポートを行うようにしましょう。


この記事をシェアする